ピタットキャッシュは消費者金融ではなく闇金

おそらく皆さんが知っているであろうピタットキャッシュは、闇金だったのです。知っていたでしょうか?闇金とは違法なやり方で、貸金業の許可を得ることなくお金を貸している金融業者のことです。

正規の消費者金融は真っ当な方法で貸金業を行っている合法的な会社です。テレビCMなどでよく見る消費者金融が一番安全な会社と言っても良いでしょう。ではなぜ人はピタットキャッシュのような闇金に引っかかってしまうのでしょうか?

それはお金を借りようと思い金融業者を選ぶときによく調べないで選ぶからです。ピタットキャッシュのような闇金は審査をしません。申込者全員にお金を貸します。回収できなくなってもありとあらゆる方法で利益を得ようと試みてきます。

それは犯罪的なものも含めてです。一度ピタットキャッシュのような闇金を利用してしまうとかなりしつこいので、絶対に関わってはいけないのです。闇金ピタットキャッシュは様々な方法でお金が欲しい人に近づいていき、食い物にします。今回はそんな闇金ピタットキャッシュの悪質な手口について解説していきます。

闇金ピタットキャッシュが行っている悪質な手口

最初の手口が「高利貸し」です。これは闇金ピタットキャッシュが行っているやり方で一番王道なやり方です。普通消費者金融の金利は最大年利20%と決められています。高利貸しのやり方はトイチといって10日で10%もの金利を発生させるやり方です。

これでは30日で30%の利息がつき年利を超えてしまいます。どんどん利息が増えるので利用者は返済ができないのです。返済できたとしても闇金ピタットキャッシュは元金を受け取ろうとせず利息だけを回収します。なので永遠に借金が減らないのです。とても悪質ですよね。

「紹介屋」というやり方でも闇金ピタットキャッシュは悪事を行っています。紹介屋とは、うちではお金を貸せませんが別の業者だったら大丈夫ですよといって紹介料をもらうという手口です。これは紹介したからといって紹介先の金融業者に推薦なんてしません。しかもこういう形で紹介料をもらうのは違法なのです。

そしてそこで得た個人情報を売ったりもします。かなり悪質なやり方です。闇金ピタットキャッシュは「090金融」です。090金融とは連絡する手段としてプリペイド式の携帯で営業をしている闇金のことです。貸金業を行うには必ず固定電話が必要となります。携帯だけで営業をしている時点で違法なのです。

プリペイド携帯なので警察がシッポを掴みにくいという難点もあります。ピタットキャッシュは他にも「クレジットカードの現金化」というやり方でも闇金業を行っています。クレジットカードの現金化とは初めにピタットキャッシュ指定のものをカードで購入させます。

それをピタットキャッシュが買い取ります。現金が手に入りますがあとあと支払いも残っているという問題が残ります。ピタットキャッシュはこれを普通に買取店で売って利益を得ます。なので最初に買い取る時点でかなり安い価格で買い取っていることがわかります。

そもそもクレジットカードの現金化は違法なので、こういうやり方を行っている業者自体が違法行為を行っているということなのです。クレジットカードの現金化を行っている業者は絶対に利用してはいけません。他に「チケット金融」という顔も持っています。

チケット金融とはまずチケットを後払いで買わせます。それを指定された金券ショップで売って現金に変えるというやり方です。これはクレジットカードの現金化と同じ手法ですね。仮にチケットを10万円分後払いで購入して金券ショップに売ると8万円になったとします。

この場合2万円の差額が生じてしまいます。結局8万円手に入れてもあとあと10万円支払わなければならないので、意味がありません。そもそも闇金ピタットキャッシュと金券ショップは裏でつながっているので、利用者だけが損をするという構図になっているのです。

他にもこんな手口を使っています

闇金ピタットキャッシュは「年金を担保」にしてお金を貸しています。年金を担保にしてお金を貸せるのは銀行だけです。銀行でもない金融業者ができるわけがないので明らかな違法行為です。基本的に通帳を押さえられてしまうので、太刀打ちできません。

中には元金の返済を受け付けず、先ほど言ったように利息だけを回収しようとするのでかなり悪質です。「カラ貸し」も行っています。から貸しとはお金を借りた覚えもないのに本人に返済を迫るというかなり悪質な行為です。

このカラ貸しのターゲットになるのはどこにいくら借りたかも分からないような多重債務者です。こういった多重債務者のリストは闇金業者の間で裏ルートで取引されています。一度ピタットキャッシュのような闇金を利用してしまうと、どんどん闇金の餌食になっていくのです。

あとは「押し貸し」です。押し貸しとは一方的にお金を口座に振り込みます。振り込んだ後に返済を迫るというなんともヤクザなやり方です。このターゲットになりやすいのもリストに載った多重債務者です。お金が振り込まれたらそのままにしておきすぐに警察に届けましょう。

「信用屋」というやり方でも闇金ピタットキャッシュは違法なお金を受け取っています。消費者金融の審査に通るには信用情報に傷がついていないことが大事ですよね。そういうところを利用して信用がない利用者に対して「このままではお金を貸すことはできないが先に数万円振り込めば大丈夫です」と言ってお金を騙しとります。

もちろんそのあとは何もありません。連絡がつかなくなりそこで騙されていたことに気づくのです。振り込んだお金は帰ってきません。そもそも傷ついた信用をお金で解決することなんてできないのです。

これらが闇金ピタットキャッシュの悪質な手口です。今回紹介したやり方以外にもいろんなやり方でお金を騙し取るのが得意なので、絶対に拘ってはいけないのです。次の項では闇金ピタットキャッシュがどのようにして申込者を集めているのかをみていきます。

闇金ピタットキャッシュはこんなアプローチをしてきます

闇金ピタットキャッシュは主に電話かメールで最初のアプローチをしてきます。電話番号やメールアドレスをどうやって手に入れたかというと、先ほども話した闇金の顧客リストです。このリストに載っている人は基本的にお金を借りるという習慣が根付いている人なので、闇金ピタットキャッシュにとってかなりハードルが下がります。

電話の場合はかなり甘いこと言ってその気にさせてお金を貸します。電話よりもハードルが低いのが電子メールです。電子メールは電話と違い文章を残せます。それを何度も読んでいるうちにお金を借りたくなってしまうのです。

チラシのポスティングというやり方もあります。マンションやアパートに住んでいる人だったら身に覚えがあると思いますが、ポストに金融業者のチラシが入っていたことはありませんか?この場合かなり闇金である可能性が高いので、絶対にコンタクトを取ってはいけません。電話・電子メール・ポスティングチラシこれらには十分注意しましょう。

どんなにお金がなくても闇金だけは手を出すな!

悪質な闇金ピタットキャッシュのやり口を見てきましたが、本当にこんなことを未だにやっているのかと呆れますよね。でも相変わらずこんなアナログな方法で顧客集めをやって騙してお金を吸い上げています。

騙される人がいるから闇金ピタットキャッシュは営業を続けられるのです。警察に摘発されそうになったら姿を眩ませてまた新しい闇金として復活します。大手の消費者金融で借りれないのであれば、老舗の街金やサラ金を訪ねてみましょう。審査に通る確率はかなり上がるはずです。皆さんも闇金闇金ピタットキャッシュには十分注視して、関わらないようにしましょう!